郊外の中古戸建をリフォームして住まう

お住まいの概要

■エリア:川西市 ■土地面積:100.33平米 ■建物面積:92.16平米

M様のプロフィール

■ご家族構成 ご主人様:41歳、奧棣:39歳
■ご趣味   ご主人様:パソコン
■ご勤務地  ご主人様:池田市(交通手段:車)

 

もう引っ越し貧乏と言わせない!
犬のいる一戸建の暮らし
20年来の夢がかないました

 

 

最終ゴールは一戸建。生活騒音が嫌になり買い替えを決意

 

あちこちに移り住む私たち夫婦のことを、父は「あんたたちは引越し貧乏」と言います。

賃貸マンションから公団住宅に移り、それが震災で傾いたために補修中は仮住まいへ。また元の公団住宅に戻る手間がいるならと、平成9年に宝塚の中古マンションを購入しました。そして今回の一戸建への買い替え。本当によく引越しでお金を使いました(笑)。

でも、これで転居は終了です。「一戸建に住んで犬を飼う」、20年来の夢が実現しましたから。買い替えを決心したきっかけは、一戸建がマイホームの最終目標でもあったし、静かで落ち着いた暮らしがしたいというのも理由です。

マンションを購入したときから分かっていたのですが、飛行機の離着陸時の騒音や近所の学校で上がる歓声が住むほどに気になってきました。私の仕事は日勤と夜勤の交代制で、朝帰宅してそれから寝ることもしばしば。なかなか、寝床に入っても眠れなくて困っていました。

 

売却できるまで購入物件の下見。
早朝や深夜、何度もチェックしました

 

宝塚のマンションは、購入したときと同じ不動産会社に依頼して1290万円で売却に出しました。

はじめは7組くらい見学のお客様もありましたが、そのあとはさっぱり。なんとか早く売りたくて、マンションの部屋をデジタルカメラで撮って資料につけたり、周辺マップに生活施設をマークしたり、自分たちにできることは精一杯しました。

それでも反響がなく、仲介契約の3ヵ月更新を機に売却価格を1180万円に値下げ。すると3組の引き合いがあり、そのうちの1組が買いたいと即答してくれました。次は新居購入ですが、これはマンションの売却が決まる以前からいろいろ20件ほど検討していました。

その中で第一候補にしていたのが、川西市のこの住まいです。駅に近く、学校が離れていて静かなこと、坂道がない、駐車スペースがあるなど、希望条件にかなっていました。

それでも念には念を入れて、早朝に出かけて通学中の生徒がうるさくないか、真夜中の環境はどうか、何度も現地に足を運んで調べていました。

 

他社と1分1秒を争った買付け。
機転を利かしてくれた担当の営業マンに感謝!

 

マンションの売却先が決まり、さあ一戸建を購入しようと思っていた矢先、当の物件が1580万円から1390万円に値下がりしたのを朝、チラシで知りました。

依頼していた不動産会社以外の会社が売り出している物件です。それでも担当の営業マンに相談すると、その物件に買付けが入りそうだとの情報をキャッチしてくれました。私はそのとき勤務中で連絡がつきません。

妻は「主人は気に入っているはず」と言うものの確信をもてずにいると、担当の方が「申し込みましょう。ご主人様が気に入らない場合は私が業者様に頭を下げます」と言ってくれて、すぐさまコンビニから購入申込書を送りました。他からの買付けと15分差で届き、何とか1番のりで申し込めました。

今この家に住んでいるのも、あのとき担当の方が機転を利かしてくれたから。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

この家は日当たりがよくて、静かなところが気に入っています。駅に近いので電車の音が少し聞こえるのですが、飛行機と違って全然気にならないですね。飼いたかったコーギーの「きらら」、手のり文鳥2羽と快適に暮らしています。

M様のお住まい探し

【購入の検討開始】

・家さがしの動機は?
①飛行機の離着陸時の騒音で眠れない ②小学校が近く、子どもの歓声が気になる
③日当たりが悪い ④駅が遠く、坂道が多い

【家さがしスタート】

・家さがしの期間は?
約4ヶ月

・探し始めたころのご希望条件は?
①静かな環境で駅に近いこと ②採光がよいこと
③駐車スペースがあること(前面道路幅6メートル以上)

・見学した物件数は?
20物件

・決定されるにあたってのネックは?
①築年数20年以上 ②賃貸中だったので傷みが激しく、リフォームが必要だった

【購入物件決定】

・決定した要因は?
①値下がりした ②駅へ徒歩3分 ③閑静な住宅街

【契約】

・ご新居の自慢のポイントは?
①快適なトイレ空間 ②明るい玄関ホール

【入居】

・もっとこうだったら良かったという点は?
入居まで1週間しかなく、リフォームを急いだ。もっとじっくり考えてリフォームしたかった。

M様から戸建て購入を検討されている方へアドバイス

信頼できる営業マンに出会ったら信じること。
それと、すぐ決断できるように下調べは早くしておいたほうがいいですね。

 

M様がお住まいの戸建ての用途地域

■第1種低層住居専用地域

第1種低層住居専用地域は、低層住宅の良好な住環境を保護するために定める地域です。低層住宅などのほか、小規模な店舗や事務所を兼ねた住宅および小・中学校などの日常生活に必要な施設に限り建てられます。
(右イラスト:第1種低層住居専用地域のイメージイラスト)

<用途地域とは>

用途地域は、住環境の保護と、商工業の維持増進を推進しようとするために定められています。これは建物の用途、形態などを制限することにより、土地の合理的な利用を誘導するもので、12種類あります。

  • オススメの不動産会社